上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パールのネックレスの使い方。
長さや粒の大きさによって使い方もいろいろ。


二連のロングネックレスは、黒のタートルの上からベルトに。
留め金に施された装飾がちょうど小さなバックルのよう。
ちょっと短めのカーディガンのアンサンブルニットと組み合わせるとすっきりしたスタイルになります。
夏は、チャイナカラーの長めのブラウスとパンツに合わせたりします。


一連のロングネックレスは、ちょっとゴージャスに見えるフリルのスタンドカラーのブラウスに合わせてチョーカーに。
二巻した上からぐるぐるとねじっていきます。
フェミニンなブラウスが、より一層豪華に、シンプルなジャケットに合わせると品よく見えます。
また、短めのペンダントと合わせるとペンダントトップがアクセントになります。

その他、サイドにリボンのような結び目を作ってボリュームを持たせたり、シンプルなセーターには胸元に結び目を作るのも表情が変わって良かったですよ。


小さめの粒のパールは、他のペンダントと合わせて。
胸元に表情が生まれます。
ペンダントトップだけでなく、ペンダントチェーンの長さによっても表情が変わります。
勿論、タートルのセーターと合わせて普段使いにも。
粒が7ミリくらいあると、ネックレスが主張してしまいがちですが、小さい粒はさりげない装いには重宝します。


冠婚葬祭では、ある程度の年齢になると、やはりある程度粒の大きなものが落ち着きを与えるようです。
いつまでも輝きを保つために、使い終わったらしっかり皮脂をふき取ることもお忘れなく。


きれいを磨く



スポンサーサイト

テーマ : セレブスタイル - ジャンル : ファッション・ブランド

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。