上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お茶やお琴をやっていた母はたくさんの着物を持っている。
まだ袖を通していないものも・・・。

そんな母の着物を譲り受けることになった。
でも、身長が違うので仕立て直しが必要。

・・・

そういえば、自分のたんすの中にも袖を通していない訪問着や、つけ下げ、小紋がたくさん。
まだまだ着ることができる色もあるけれど、もう派手なものも。
その分は、娘に。


着物って柄によって格があるから帯との色合わせだけでは決められないんですよね。
帯締め、帯上げ、半襟などで雰囲気も変わるので洋服とはまた違った楽しみも。


また、着付けを復習しようかしらん。


スポンサーサイト

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。